【活動報告】Global Talk SDGs Goal3 Good Health & Well -Being

第3回 Global Talk – Monthly Discussion- を2月17日に開催しました!

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございます!

当日の振り返り

16名(6カ国)の方が集まり『Good Healt& Well- Being』について討論を行いました。

① 21:00- Greeting & Introductions(Topic Introduction Questions & Video)

Goal3に関連したクイズ、動画を見て今日話すテーマについて全体の確認をしました。

② 21:25- Group Talk (30mins)

今回のメインテーマは『Well-Being』。まず『Well-Being』ってそもそも自分にとっては何なのか? そして『Well-being』でいるには、どうしたらいいのか?個々の意見を共有してもらい、その後グループでDiscussionしてもらいました。

1.What does “well-being’’ mean to you?
2.What challenges have you faced along the way?
3.How do you maintain your well-being?

③ 21:55- Sharing Time

各チームで話たことのまとめを発表してもらう時間です。チーム内で、どんな意見が出て、どんな討論ができたのかを各チームの代表が紹介をしてくれました。これまでの個々の経験、生活スタイル、宗教によって、様々な捉え方・考え方があることがわかり、とても興味深かったです。

④ 22:00- Conclusion

参加してみての感想を伺いました。また、今回MCを務めてくれたEmaちゃんから『日頃友達、家族とは話すことがないテーマだったけど、この機会で自分の気持ちを言葉にして話すことができた。』という話がありました。

参加された方からコメントを頂きました
すごく良い環境だった!英会話スクールとは違う雰囲気で、頭フル回転!初級グループはちゃんとかずみさんのリードで、レッスン要素もあり、単語を教えてくれたり、ディスカッションの英語でのやり方を教えてくれたり、その上で意見を発言させてくれるので、短時間なのに学びが多い時間!

全体の発表も、スクールとは違う、一般の人たち?の意見や話し方を聞けるから、友達の家でみんなで集まって、話し合っている雰囲気!全体をリードする人たちも何人かいて、役割分担されてるのが印象的!みんな生き生きしてた!ふふ!以上!ありがとう!

初級グループに参加されたRさん

まとめ

自分を知ること、今自分に在るものを大切にし、その環境に感謝すること、他の人に目を向けること、何気なく送っている日々に「Well- Being」をちょっと意識してみるだけで、気持ちや動きの変化に繋がっていくように感じました。

また、改めて『想いや考えを、言葉にして出す』ことは大事だなって思いました。今回のようなテーマに於いては、「正解」があるわけではないので、自分とは異なる意見に耳を傾けて、それを自分の中でどう捉えるか、感じらるのかを体感できて、Global Talkならではの環境・感覚ですごく面白いなって思いました。チームのメンバーと一緒にDiscussionがより良い物になるように深掘りしていけると、すごく学びが多い時間になると感じました。

Eri

「英語」という点では、キャッチボールをしているような日常会話の感覚と、Discussionとでは、やはり話す英語は違いますね。また、自分の想いを人に分かりやすく・論理的に伝える力も大事ですね。

私は、「自分にとって大事」と思う部分は、ついつい同じことを何度も言ってしまってたりします・・参加することで改めて自分の弱点を見直すことができました。練習、練習、練習です。

次回のテーマ

第4回目のGlobal Talkは、SDGs Goal4 Quality Education になります。開催は、3月中旬を予定しております。興味のある方、一緒にGlobal Talkをしましょう♪

Facebookのページでも情報を更新してますので、フォロー宜しくお願いします。
One StepのFacebookページ

<参加費の使用用途に関して>

One Stepでは、子供・若い人たちが、もっと身近に多文化に触れられる場所を作っていくことを1つの大きな目標としています。多文化に触れることで、海外に興味を持つきっかけになり、自国を知ることにも繋がります。多文化・多様性に柔軟な心を育んでもらえる機会を提供していきたいと考えています。参加費は、上記活動資金として利用させていただきます。