One Stepが大切にしていること

Being a challenger
One Stepする勇気


Keep learning
学び続ける力


Learn from each other
お互いに学ぶ、優しい心


One Step Language Community

2011年から「気軽に英語に触れられる場所」として、地元のカフェ・飲食店様にご協力いただき、英会話カフェや国際交流イベントを行ってきました。

2020年4月からは新型コロナウイルスの影響でオフラインでの活動が難しくなった為、オンラインで活動を継続しています。

2021年に10周年を迎えるにあたり、運営している私たち自身の変化や成長もあり、今後の活動を見直し、私たちの強みを活かして、どのような形で社会貢献していけるのかを考えました。

今後は、これまで行ってきた「英語学習支援」と、これからのグローバル時代を見据えての「多文化共生」という2つをテーマに活動していきます。

将来的なビジョン

  • 寺子屋英語、アフタースクールの開校
    全ての子供たちが「英語教育」に気軽にアプローチでき、「多文化共生」を体感して理解を深められるような場所を提供する。
  • グローバル人材の育成
    各々が持つ「スキル」と「言語力」を活かして、「学習支援」、「地域活性化(世界に向けての発信等)」、「在住外国人の支援(多文化共生)」などに取り組める人材を輩出し、人と人が繋がっていくサイクルを生み出す。

これらの活動は、One Stepだけで達成できることではなく、より多くの人と関わり、語り合う中で形作られていくものだと思っています。様々な人たちと、様々な形で一緒に協働しながら活動していきたいと思います。是非、コラボレーションできることなどありましたら、お気軽にご連絡ください。

運営スタッフ


Eri Maeda
世界中の人とコミュニケーションができる「英語」に魅了され、留学・英語教育業界に10年間携わってきました。言語を学んだ先に、その知識を活かして人の役に立てる場所や機会をもっと身近に作っていきたいと思います。人と人が繋がっていき、色んな人の様々なスキルや経験が、若者を育てていく学びのサイクルに繋がっていく未来を描いています。

Kazumi Ogawa
社会人になってからオーストラリアへの語学留学を決意。帰国後は、英会話スクールにて指導してきました。英語を学ぶ事を通して、色々なバックグランドをもつ人達と交流する事が大切だと気付きました。One Stepの活動も、そんな思いで続けています。これからも、たくさんの人達が出会い、理解しあえるコミュニティーになればいいなと思います。

One StepはSDGsを支援しています


1.若者が、家庭環境に関わらず、平等な英語教育を受けられる場所、機会の提供を行います。
2.海外に興味を持ち、幅広い視野を持ち、地域と世界を繋ぐ人材の育成を行います。